印鑑の材質なら | 印鑑ネット

イメージ画像

印鑑の材質

薩摩本柘

薩摩本柘(さつまほんつげ)は、植物系の印材の中でもっとも繊維が細かく、適度な硬度、粘りもあり古くから印材としてよく用いられています。きちんと手入れさえすれば、非常に長く使える材質です。 多くの印鑑販売店では、東南アジア方面の柘が多く使用されておりますが、当店では国内最高級とされている鹿児島県産の薩摩本柘のみを使用しております。

彩樺(SAIKA)

彩樺は、北の寒冷地に豊富にある間伐材真樺にフェノールレシン(樹脂)加えてを特殊加工して作られた印材です。
他の木製印材と比べて硬度があり、きめ細かいとの特徴です。象牙等と共に、古くから使われており、印鑑には適した印材です。当店では国内最高級とされている鹿児島県産の合法性彩樺のみを使用しております。

楓(KAEDE)

素材は北海道の板屋楓の間伐材とカナダ産のハードメイプルを使用しています。
板屋楓は北海道から合法的な伐採により、またカナダ産のハードメイプルはカナダ政府の計画的な管理のもとで伐採されたものです。
小さくカットした後、比重を1:1に浸透させた人体に無害の樹脂を浸透させ印材にしました。
美しい木目を引き立て、環境との調和したエコ素材です。

このページの先頭へ