印鑑の用途なら | 印鑑ネット

イメージ画像

印鑑の用途

実印

実印とは住民登録している市町村の役所に印鑑登録してある印鑑のことをいいます。
一般的に印鑑登録できるサイズは8mm~25mmサイズとなっています。あまり小さい印鑑は、認印や銀行印などと間違えたり、印面が分かりにくい等で登録できない場合があります。
13.5mmから24mmのサイズが実印として扱うのであればオススメです。
実印は法律上、社会上の権利義務の発生を伴う重要な印で印鑑証明、婚姻届、不動産登記、保険などの受領に使用します。
実印や銀行印、認印を併用することもできますが、防犯上の理由から別個にします。

銀行印

銀行印とは銀行や各種金融機関に口座を設けるときに届け出る印鑑のことをいいます。
金銭関係に最も大事な印鑑で、小切手・手形の作成・受け取りなどにかかわるので、紛失しないよう、保管には十分な注意が必要です。
銀行印は認め印よりも少し大き目のサイズを選ぶ傾向があります。
万が一認め印と銀行印の区別がつかなくなってしまったときに、区別がつくという利点があるためです。

認め印

認印は実印や銀行印のように届け出が必要な印鑑と異なり、日常生活の中で使用する印鑑のことをいいます。
宅配便の荷物の受け取りなどのときに使用される、いわゆる三文判といわれるものです。
三文判やシャチハタなどは使用する人が多くなじみ深いものですが、法律上の効力は十分ありますので、人の目につく場所に置いておくなど軽く扱わないように心がけましょう。

このページの先頭へ