印鑑なら | 印鑑ネット

イメージ画像

印鑑とは

印鑑の歴史

印鑑は紀元前5000年頃に古代メソポタミアで認証の道具のひとつとして使われるようになったと言われおり、
紀元前3000年頃からは、認証、封印、所有権の証明、権力の象徴などの目的で広く用いられるようになりました。

日本最古の印章は1784年に九州で発見された「漢委奴国王」の印章で、西暦57年頃倭奴国王が後漢の光武帝から授かった金印です。
大化の改新後の律令制度下では公文書の一面に官印が押されていましたが、江戸時代には私文書にも印を押す習慣が広がり、 明治政府は一度は西洋のようにサイン制にしようと試みたようですが、議論の末記名押印するという現在のスタイルに落ち着くことになります。

そして、現代で言う印鑑証明のために、登録した印影を集めて束にした物のほうを印鑑と呼んでいました。
それがだんだんと登録したはんこ自体も印鑑と呼ぶようになったのです。
そのため、どこかに登録されたもの、実印や銀行印などを特に印鑑と呼んで、他は印章と呼ぶなど、区別されています。

印鑑の保管方法

皆さんは印鑑をどこに保管しているでしょうか?
「実印」と「銀行印」と「認印」、そして登記簿や通帳などは必ず別々の場所に保管するのは基本中の基本です。
万一、盗難などの被害にあったときには、財産をいっぺんに失う怖れがあるのでそのリスクは計り知れません。

一方、印鑑の保管方法についても注意が必要です。
印鑑は印材によって経年劣化を起こしたり、変質したりする物もあるためす。
印鑑を長持ちさせるコツですが、まず、印鑑を使用後は、なるべくこまめに朱肉を拭き取る必要があります。
朱肉によって印面が目詰まりしてしまったときには、薄めた洗剤などをつけた歯ブラシで優しく汚れを落とします。
そして、必ずケースに入れ、高温や低温になりすぎない場所に保管します。

牛角や黒水牛などの印材は、毛が変化したものなので、繊維に虫がつくことがあります。
防虫剤などと一緒に保存するのがオススメです。
天然素材のため、太陽光などに長時間あててしまうと、乾燥が進みヒビが入ることがあり、特に黒水牛は冬場の乾燥に特に弱いため、オリーブオイルなどを使って磨くのがベターです。

このページの先頭へ